So-net無料ブログ作成

DF50にSHINKYOカプラーを [SHINNKYOカプラー]

TOMIXのDF50にSHINKYOカプラーを取り付けるの続きです

SHINKYOカプラーの矢印の部分の脚を1本根元から切断します 組み上げてから
切らなかった方の足の穴部分に極少量の瞬間接着剤をつけておきます 余り
多く接着剤をつ付けると余計な部分に回って使えなくなりますので注意です



切断した脚の側の穴の部分からΦ0.6mmの穴を貫通させます
曲がらないように色々の角度から確認しながら垂直に空けます
終わったら左上図の赤い部分を切断します


DF50のスカートの矢印の部分に若干の段差があります  これを隠すために


0.25mm厚のプラバンを使って段差を隠します


またですが いらないアーノルドカプラーのポケットを使用します
画像の赤い部分から切断しました


Gボンドクリヤーで仮止めして加工します 左のカプラーポケットは違うところ
から切段してしまったので少し小さくて不安かも知れません


矢印の部分にΦ0.5mmの穴を空けます 下側の穴は貫通させないで
少し深め程度で可です 若し貫通してしまっても可です この時点で
接着面に瞬間接着剤を付けて乾燥させます


ハンズで1m200円程度で購入したΦ0.5mmのステンレス線を中まで
貫通させない長さを現物合わせで切断します この時画像のように少し
頭を出す長さにカットすると容易にやり直し出来ますのでいいとおもいます
このあと一度線を引き上げてカプラーの穴を空けた部分を合わせて線を戻します
このままでも構わないと思いますがボンドなどで線を固定してみるのも良し


高さはよしですね 間隔もGOOD!   -to be continued-

 

 


 

 

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0